2021/11/01 05:00

衆院選徳島1区 吉田知代さん、比例当落にやきもき

 31日に投開票された衆院選は、徳島1区で無所属元職の仁木博文さん(55)が7度目の挑戦で初めて小選挙区を制した。悲願の勝利に「強い信念を持って国会で仕事をする」と宣言した。2区は自民前職の山口俊一さん(71)が11回目の当選を果たし、「新型コロナウイルス対策に全力を挙げる」と決意を語った。1区の自民前職後藤田正純さん(52)は比例四国ブロックで復活当選し、安堵(あんど)の表情を浮かべた。比例の自民前職福山守さん(68)は議席を失い、事務所は重苦しい空気に包まれた。維新新人吉田知代さん(46)は比例復活の可能性があり、固唾(かたず)をのんで開票結果を見守った。立憲民主新人の中野真由美さん(50)、共産新人の久保孝之さん(58)、無所属新人の佐藤行俊さん(73)は及ばず、肩を落とした。

 小選挙区で敗れたものの、比例四国ブロックでの復活当選に望みをつないだ吉田さん。1日午前0時半時点で、日本維新の会は最後の1議席を争っている。吉田さんは滞在する徳島市のホテルでテレビのニュース速報を見ながら吉報を待った。

吉田知代さん

 

 国政選挙での維新の公認候補は県内で初めて。祖父母が徳島市出身とはいえ地縁、血縁はほとんどなく、厳しい戦いとなった。その中でも女性候補者であることを前面に出し、子育て世帯の負担軽減、女性の政治参画などを提言。連日精力的に街頭に立って声を張り上げた。

 「知名度ゼロ」から始まった選挙戦だったが、政策に理解を示す有権者が徐々に増えた。日ごとに反応が良くなったという。「当選後の議員報酬は災害被災地に寄付する」。新型コロナウイルス禍で国民生活が苦境に陥る中、議員自らが身を切る姿勢を示し、支持を呼び掛けた。

 徳島市の事務所ではスタッフがテレビやインターネットで開票速報を確認したり、他県の陣営と情報交換したりした。電話取材に応じた吉田さんは「小選挙区では残念ながら落選が決まってしまった。しかし、全国で維新の同志の吉報が届きうれしく感じている。今は心静かに比例の結果を待ちたい」と語った。

あわせて読みたい