2021/10/27 10:00

情勢調査(10月23~26日実施、共同通信社)

 調査の方法
 徳島県内の有権者を対象に23~26日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施し、調査員が聞き取った。実際に有権者のいる世帯にかかったのは徳島1区が1058件、徳島2区が861件で、うち1区は400人、2区は436人から回答を得た。
 19、20日の調査は、共同通信社が加盟社と協力し、全国の有権者を対象に実施した。コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で調査。コンピューターで電話をかける自動音声応答通話(オートコール)方式を採用した。携帯電話にも電話し、同意した人にショートメッセージサービス(SMS)を送って質問に答えてもらった。徳島県内は徳島1区が538人、徳島2区が524人の計1062人から回答を得た。

Q. 衆院選にどの程度関心があるか

 

Q. 投票先は決めているか

 

Q. どの政党を支持しているか 【1区】

 

Q. どの政党を支持しているか 【2区】

Q.性別、年齢、支持政党別に見た各候補の支持層

1区

仁木博文氏

 

後藤田正純氏

 

吉田知代氏

 

佐藤行俊氏

 

2区

中野真由美氏

 

久保孝之氏

 

山口俊一氏

 

あわせて読みたい