2021/10/19 05:00

立民、仁木氏の推薦見送り 政策協定不参加 野党共闘態勢整わず【2021衆院選とくしま】

協定書に調印する仁木氏(右)=徳島市の徳島港福利厚生会館

 立憲民主党本部は、衆院選徳島1区に無所属で出馬する元職仁木博文氏から依頼のあった推薦を見送った。立民県連は18日に野党共闘を目指す市民団体「オール徳島」と仁木氏が結んだ政策協定に参加せず、共闘態勢は整わなかった。

 立民県連の庄野昌彦代表は徳島新聞の取材に「党本部の判断に従う。組織的な支援は難しいが、個人で仁木氏を応援していきたい」と話した。党本部の推薦見送りの理由については「(公認が基本であり、依頼のあった全国の)他の候補についても推薦していないと聞いた」としている。

 協定の調印式は徳島市南末広町の徳島港福利厚生会館であり、仁木氏とオール徳島代表呼び掛け人の横山良神戸大名誉教授が協定書に署名した。仁木氏は「共闘によって議席を勝ち取り、合意に基づいた政治を進めたい」と述べた。

 協定書は、国政4野党(立民、共産、社民、れいわ新選組)と安全保障関連法廃止を求めるグループ「市民連合」が同意した共通政策を踏まえ、仁木氏を「市民と野党の共同候補」とする内容。野党各党にも参加を呼び掛け、足並みがそろえば各党とも調印する予定にしていた。

 協定に賛同し調印式に出席した共産党の上村秀明県委員長は「仁木陣営の要望を聞いた上で最大限の支援をしたい」と話した。

あわせて読みたい