2021/11/01 20:40

衆院選 徳島1区・吉田知代さん「新しい視点で地域の声を国政に」 比例四国当選で抱負

会見で抱負を述べる吉田さん=徳島県庁

 衆院選で徳島県内の小選挙区を勝ち抜いた1区の仁木博文さん(55)=無所属=と2区の山口俊一さん(71)、比例四国ブロックで復活当選した自民前職後藤田正純さん(52)=いずれも自民=は1日、選挙戦の疲れも見せず、お礼のあいさつ回りやつじ立ちなどをこなした。この日未明に比例復活での初当選が決まった吉田知代さん(46)=維新=は陣営スタッフと喜びを分かち合った。当選した4人は新型コロナウイルス対策や経済再生、徳島の活性化などに向けて決意を新たにした。

 吉田さんはインターネットの速報で当選を知り、午前3時50分ごろ、スタッフの待機する徳島市明神町の事務所へ。緊張した面持ちで「皆さまのおかげで当選できました」と述べ、頭を下げた。スタッフから花束を渡されると、相好を崩した。

 午後には県庁で会見を開き、「若い世代が徳島で住み続けたいと思えるような環境づくりを進める」などと抱負を語った。国会日程と調整しながら、徳島への引っ越しを検討していることも明らかにした。

 「新しい視点で徳島の課題や改善点を発見し、地域の声を国政に届けたい」という。「第三極」として政権批判の受け皿となった日本維新の会は全国的に躍進。その勢いに乗り、比例復活を決めた。

 ただ、徳島1区での得票率は10・1%と低かった。「当選は四国の皆さんが維新に対して票を入れてくださった結果。私自身に信託を頂いたものではない。ここからしっかり精進していきたい」。 

あわせて読みたい