2021/11/01 21:50

衆院選 徳島2区・山口俊一さん「経済再生へ一つ一つ」 当選で抱負

選挙結果を報じる徳島新聞を広げる山口さん=松茂町笹木野の事務所

 衆院選で徳島県内の小選挙区を勝ち抜いた1区の仁木博文さん(55)=無所属=と2区の山口俊一さん(71)、比例四国ブロックで復活当選した自民前職後藤田正純さん(52)=いずれも自民=は1日、選挙戦の疲れも見せず、お礼のあいさつ回りやつじ立ちなどをこなした。この日未明に比例復活での初当選が決まった吉田知代さん(46)=維新=は陣営スタッフと喜びを分かち合った。当選した4人は新型コロナウイルス対策や経済再生、徳島の活性化などに向けて決意を新たにした。

 山口さんは、午前6時ごろに起床し、新聞各紙で選挙結果に目を通した。「(喜びが)じわじわと来ました」と表情を緩める。県内外からの祝福の電話や100通以上届いたメールへの対応、支持者らへのお礼回りに追われた。

 選挙戦では、新型コロナウイルス対策、打撃を受けた飲食・観光業や1次産業への支援策などを訴えた。「手応えをかなり感じながらやれた」と充足感を漂わせる。

 自身の得票率(59・50%)は旧民主党候補と戦った2012年を上回り、「たくさんの人からご信任をいただいた」。一方で2区の投票率は50・99%と低調。「もう少し上がってくれたら。55%くらいには」と厳しい目を向ける。

 岸田文雄政権の目指す「成長と分配の好循環による新しい資本主義」の意義を説き、「正念場という気持ちが強い」と気を引き締める。「求心力を失うと、こういった仕事は絶対にできない。それだけに(自民党の獲得議席が)絶対安定多数を取れたのは非常に大きい」

 新型コロナの流行「第6波」への対応と経済の立て直しが喫緊の課題。選挙戦で見聞きした県内の現状を踏まえ、「経済が限界に来ている。(経済の)動かし方は非常に難しいが、できることから一つ一つやっていく」。11期目に向け、2日上京する。

あわせて読みたい